2つの相続方法(法定相続と指定相続)の相続人と相続分 | 相続について | 名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市などで相続手続き《遺産相続・遺産分割協議書・成年後見・遺言書作成》の無料相談

2つの相続方法(法定相続と指定相続)の相続人と相続分)

相続の方法は大きく分けて2通りの方法があります。
遺言書の有無により、遺言書がない場合の相続「法定相続」遺言書がある場合の相続「指定相続」に分かれ、相続人の範囲と相続分が異なってきます。

遺言書のない相続(法定相続)

遺言書のある相続(指定相続または遺言相続)

遺言書のない相続(法定相続)

遺言書がない場合、相続人になる人の順位と範囲、受け継ぐ相続分が民法の規定により決められている法定相続になります。この、決められた相続人を法廷相続人と呼びます。
法定相続人になれる人は、配偶者(法律上の夫または妻)、子、父母、兄弟姉妹です。このため、遺言がない場合、内縁の妻や夫、親族であっても叔父・叔母などは遺産を受け継ぐことはできません。

法定相続人の順位
・配偶者は常に相続人になります。
・子(第1順位)
・父母(第2順位)
・兄弟姉妹(第3順位)
・上位順位者がいる場合、下位順位者は相続人となりません。

法定相続の相続順位と相続分

 

遺言書のある相続(指定相続または遺言相続)

遺言書がある場合、被相続人の遺言によって相続人と相続分が決まっている、指定相続になります。(指定相続は遺言相続とも言われます。)指定相続では、遺言書によって指定された人が相続人となり、決められた相続分を指定相続分と呼びます。
もし遺言書による相続人の中に、法定相続人(民法で決められた相続人)が入ってなかった場合でも、法定相続人に対しては、「遺留分」と呼ばれる各相続人の最低限の取り分が留保されており、法定相続人も遺産を受け継ぐことができます。この「遺留分」については、遺言書を持っても拒否することはできません。

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士 佐野総合事務所は、スピードも商品と考え、迅速な対応、申請を心がけております。常に笑顔で顧客満足100%を目指しています!お客様の問題に素直に耳を傾け、より確実な結果を得られるよう、きめ細かいサービスを提供いたします。相続と言っても、そのご相談内容は例えば、相続手続き、遺産分割協議書、遺産相続、成年後見、遺言書作成など、非常に多岐に渡ります。当事務所では、名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市など愛知県をはじめ、三重県、岐阜県からも多くの相続全般のご相談をいただき、解決してきた実績があります。相続が発生するのは、普段はあまり実感することは少ないと思います。しかし、遺産金額の大小に関わらず、相続は誰もが経験するものです。相続はことが起きてからでは遅いことがほとんどです。残されるご家族が安心して暮らしていくためにも、早めの対策を心がけましょう。当事務所では、問題点を明らかにしてどうすればよいかを迅速に判断いたします。手遅れにならないよう、まずはご相談ください。

所在地情報
〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通3丁目24番地 行政書士 佐野総合事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック