賃貸・事業兼用住宅は、区分所有登記に変更する | 小規模宅地等の特例 | 名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市などで相続手続き《遺産相続・遺産分割協議書・成年後見・遺言書作成》の無料相談

賃貸・事業兼用住宅は、区分所有登記に変更する

自宅の一部を貸家にしている場合、小規模宅地等の特例の減額は、居住用部分は80%ですが、賃貸の部分は50%になります。

区分所有登記の図

【図1】

図1の例

建物の1階

弟(別生計)が自営業をしている。

建物の2階

兄が親と同居をしている。

この場合、土地全体の1/2にしか居住用の小規模宅地等の特例は使えず、相続が発生した際に、兄弟共有で土地と建物を1/2ずつ相続すると、居住用の小規模宅地等の特例は土地の1/4にしか適用できません。

そこで、相続前に1階と2階の建物の区分所有の登記を行い、1階を弟、2階を兄が取得することにより、兄の持ち分に相当する1/2全てに居住用の小規模宅地等の特例が適用できます。

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士 佐野総合事務所は、スピードも商品と考え、迅速な対応、申請を心がけております。常に笑顔で顧客満足100%を目指しています!お客様の問題に素直に耳を傾け、より確実な結果を得られるよう、きめ細かいサービスを提供いたします。相続と言っても、そのご相談内容は例えば、相続手続き、遺産分割協議書、遺産相続、成年後見、遺言書作成など、非常に多岐に渡ります。当事務所では、名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市など愛知県をはじめ、三重県、岐阜県からも多くの相続全般のご相談をいただき、解決してきた実績があります。相続が発生するのは、普段はあまり実感することは少ないと思います。しかし、遺産金額の大小に関わらず、相続は誰もが経験するものです。相続はことが起きてからでは遅いことがほとんどです。残されるご家族が安心して暮らしていくためにも、早めの対策を心がけましょう。当事務所では、問題点を明らかにしてどうすればよいかを迅速に判断いたします。手遅れにならないよう、まずはご相談ください。

所在地情報
〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通3丁目24番地 行政書士 佐野総合事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック