相続税の申告と納税 | 相続税・贈与税・節税について | 名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市などで相続手続き《遺産相続・遺産分割協議書・成年後見・遺言書作成》の無料相談

相続税の申告と納税

相続税の申告は、相続や遺贈によって、財産を取得した人で、遺産の総額(課税価格の合計額)が基礎控除額を超えている場合や、配偶者に対する税額軽減の特例を受ける場合に行うなどに必要があります。

誰が、いつ、どこに申告するのか

申告書の書き方

 

誰が、いつ、どこに申告するのか

誰が

基本的には、相続によって財産を取得した人が行わなければなりませんが、相続人が2人以上いる場合は、それぞれ別々に申告書を提出する必要はありません。1通の申告書に財産を取得した人全員が署名・捺印し、その下に各自の納税額計算して記載をすれば良いのです。

いつ

相続税の納付期限は申告の期限と同じく、被相続人の死亡日の翌日から10カ月以内に収めなければなりません。納付は相続人全員がまとめて行う必要はなく、それぞれが申告に基づいて個別に行えば良いことになっています。

原則金銭で納付することになっていますが、相続した財産が土地や建物などの不動産が殆どだった場合には、どうしても現金で一括して納めるのが難しいという場合もあります。このため相続税は、税額を分割して、年賦の方法によって納める「延納」という制度が設けられています。

 

どこに

申告書の提出先

被相続人が死亡したときに居住していた住所地を管轄する税務署になります。(※財産を相続した人の住所地ではありません。)

相続税の納付先

税務署や最寄の銀行、郵便局の窓口で納めることができます。

 

申告書の書き方

相続税の申告書を作成する際には、記入する順番が決まっており、それに従って必要事項を記載していくことになります。
申告書の主な様式と詳しい記入事項について知りたい方はこちらです。

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士 佐野総合事務所は、スピードも商品と考え、迅速な対応、申請を心がけております。常に笑顔で顧客満足100%を目指しています!お客様の問題に素直に耳を傾け、より確実な結果を得られるよう、きめ細かいサービスを提供いたします。相続と言っても、そのご相談内容は例えば、相続手続き、遺産分割協議書、遺産相続、成年後見、遺言書作成など、非常に多岐に渡ります。当事務所では、名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市など愛知県をはじめ、三重県、岐阜県からも多くの相続全般のご相談をいただき、解決してきた実績があります。相続が発生するのは、普段はあまり実感することは少ないと思います。しかし、遺産金額の大小に関わらず、相続は誰もが経験するものです。相続はことが起きてからでは遅いことがほとんどです。残されるご家族が安心して暮らしていくためにも、早めの対策を心がけましょう。当事務所では、問題点を明らかにしてどうすればよいかを迅速に判断いたします。手遅れにならないよう、まずはご相談ください。

所在地情報
〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通3丁目24番地 行政書士 佐野総合事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック