相続税還付について | 相続税・贈与税・節税について | 名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市などで相続手続き《遺産相続・遺産分割協議書・成年後見・遺言書作成》の無料相談

相続税還付について

払い過ぎた相続税を取り戻す!

相続税還付手続きは、相続税申告期限(亡くなった日から10ヶ月)から1年以内であれば「更正の請求」、5年以内であれば「更正の嘆願」という方法により、払い過ぎていた相続税の返還(相続税還付)を求めることができます。
相続税還付のためには、財産の再評価や相続税の再計算が必要となりますので、相続税還付のお手続きについては、土地の評価や相続税の手続きに慣れた専門家にご依頼されることをお勧めします。

更正の請求

更正の嘆願

更正の請求

相続税の申告書は、相続が発生したときから10ヶ月以内に提出するよう期限が決められています。この法定申告期限から1年以内であれば、「税務署長に対して、その申告に係る課税標準、または税額などについて更正すべき旨の請求をすることができる」と国税通則法にはあります。
これは、土地の評価が適切でなかったり、相続税の計算が間違っていたりしたら、余分に納付した分を税務署に返してもらうよう求めることができるということです。そして、その期限は”被相続人が亡くなってから1年10ヶ月以内”になります。この「更生の請求」を申請すると、3ヶ月以内に処理されるのが一般的です。

法定申告期限

 

更正の嘆願

減額更正の請求期限である1年10ヶ月を過ぎても、その後の4年間は「嘆願」という手続きによって還付を請求することができます。つまり、被相続人が亡くなってから5年10ヶ月以内なら、相続税が還付される可能性があります。ただし「嘆願」は、一旦提出した内容を修正させてほしいという、税務署に対する”お願い”的な意味を持ています。そのため「更生の請求」と違って、納得できない内容があっても、税務署への異議申し立てや国税不服審判所への審判請求はできません。

注意点

不動産・登記・税に関するご相談は、提携の専門家をご紹介致します。お気軽にご相談下さい。

相続の流れ
  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
サイトマップ
サイトマップ

行政書士 佐野総合事務所は、スピードも商品と考え、迅速な対応、申請を心がけております。常に笑顔で顧客満足100%を目指しています!お客様の問題に素直に耳を傾け、より確実な結果を得られるよう、きめ細かいサービスを提供いたします。相続と言っても、そのご相談内容は例えば、相続手続き、遺産分割協議書、遺産相続、成年後見、遺言書作成など、非常に多岐に渡ります。当事務所では、名古屋市、一宮市、春日井市、東海市、尾張旭市など愛知県をはじめ、三重県、岐阜県からも多くの相続全般のご相談をいただき、解決してきた実績があります。相続が発生するのは、普段はあまり実感することは少ないと思います。しかし、遺産金額の大小に関わらず、相続は誰もが経験するものです。相続はことが起きてからでは遅いことがほとんどです。残されるご家族が安心して暮らしていくためにも、早めの対策を心がけましょう。当事務所では、問題点を明らかにしてどうすればよいかを迅速に判断いたします。手遅れにならないよう、まずはご相談ください。

所在地情報
〒467-0806 愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通3丁目24番地 行政書士 佐野総合事務所へのアクセス

相続のご相談はこちら。お電話orクリック